• TOP
  • 工学部
  • 電気電子工学科
  • 研究室紹介(木本恒暢研究室)

電気電子工学科研究室紹介(木本恒暢研究室)

研究室紹介(木本恒暢研究室)

半導体は現代社会を支える最も重要なハードウェアです。私たちは「SiC(炭化ケイ素)」という新しい半導体を提唱し、その研究で世界の先端を走っています。現在、SiCはSi(ケイ素)の限界を大きく打破する「省エネの切り札」として注目されています。また、SiCを用いることによって「省エネ」だけでなく、「半導体の限界への挑戦」にも取り組んでいます。新しい半導体の魅力、研究の最前線で活躍している学生からのメッセージ、および研究風景を紹介します。

first_page