出願はWebから

京都大学では、平成29年度入試からインターネット出願を導入します。出願の際は、下記のWeb出願専用ページから行ってください。
※特色入試のWeb出願は、各学部学科の特色入試出願期間のみ受け付けております。

工学部

工学部 地球工学科

特色入試を通じて求める人物像

工学部は、特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を持つ人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成29年3月卒業見込みの者
  2. 高等専門学校第3年次を平成29年3月修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成28年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

推薦要件(出願要件)

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 人格・識見ともに特段に優れている者
  2. 特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を有する者
  3. 授業科目の一環として実施した課題研究や科学に関する課外活動において顕著な実績をあげた者、又は高校課程の数学、物理、化学の内少なくとも1科目においてきわめて優れた学業成績を修めた者
  4. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者
  5. 本学工学部地球工学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者

推薦人員

各学校長が推薦できる人数は、本学工学部の各学科に対してそれぞれ1名とします。

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 推薦書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(工学部用)により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語 
    【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
    【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」 
    【理科】 物理(必ず選択すること)、及び化学、生物から1 
    【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、及び大学入試センター試験の成績を総合して合格者を決定します。
大学入試センター試験の合計得点が900点満点中80%以上であり、「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」、物理、化学の4科目の内少なくとも2科目の得点率が90%以上の者について、提出書類をA・B・C・Dの4段階で評価し、Aの者を合格とします。


工学部 電気電子工学科

特色入試を通じて求める人物像

工学部は、特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を持つ人材を求めています。

募集人員

 5名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成29年3月卒業見込みの者
  2. 高等専門学校第3年次を平成29年3月修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成28年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

推薦要件(出願要件)

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 人格・識見ともに特段に優れている者
  2. 特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を有する者
  3. 授業科目の一環として実施した課題研究や科学に関する課外活動において顕著な実績をあげた者
  4. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者
  5. 本学工学部電気電子工学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者

推薦人員

各学校長が推薦できる人数は、本学工学部の各学科に対してそれぞれ1名とします。

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 推薦書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(工学部用)により志願者本人が作成したもの)
  4. 顕著な活動実績の概要 (所定様式により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語 
    【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
    【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」 
    【理科】 物理(必ず選択すること)、及び化学、生物から1 
    【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、及び大学入試センター試験の成績を総合して合格者を決定します。
提出された書類の審査に重点を置きます。提出書類をA・B・C・Dの4段階で評価し、A評価の者の内、大学入試センター試験の合計得点が900点満点中80%を超えた者を合格者とします。


工学部 情報学科

特色入試を通じて求める人物像

工学部は、特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を持つ人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成29年3月卒業見込みの者
  2. 高等専門学校第3年次を平成29年3月修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成28年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

推薦要件(出願要件)

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 人格・識見ともに特段に優れている者
  2. 特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を有する者
  3. 授業科目の一環として実施した課題研究や科学に関する課外活動において顕著な実績をあげた者
  4. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者
  5. 本学工学部情報学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者

推薦人員

各学校長が推薦できる人数は、本学工学部の各学科に対してそれぞれ1名とします。

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 推薦書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(工学部用)により志願者本人が作成したもの)
  4. 顕著な活動実績の概要 (所定様式により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語 
    【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
    【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」 
    【理科】 物理(必ず選択すること)、及び化学、生物から1 
    【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、口頭試問、及び大学入試センター試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、調査書、推薦書、学びの設計書、及び顕著な活動実績の概要により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して口頭試問により選考を行います。
口頭試問では、提出書類の記載事項の確認、高等学校での学修の確認、顕著な活動実績に関係する科目についての高等学校の発展的内容に基づいた試問、英語による自己紹介などにより評価します。
口頭試問の配点は、次のとおりとします。

試験の区分 口頭試問 合 計
配 点 200 200

大学入試センター試験の成績は下表の点数に換算し、第2次選考に合格した者のうち得点の合計が1000点満点中850点以上の者を合格者とします。
<大学入試センター試験の配点>

教科・科目名 国 語 地歴・公民 数 学 理 科 外国語 合 計
配点 150 100 250 250 250 1000

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
平成28年12月17日(土) 口頭試問 09時00分~17時30分 京都大学工学部情報学科

※遠方からの受験生については、開始時間を配慮します。
※場所及び集合時間等の詳細については、第1次選考結果発表・受験票送付の際にお知らせします。


工学部 工業化学科

特色入試を通じて求める人物像

工学部は、特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を持つ人材を求めています。

募集人員

 7名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成29年3月卒業見込みの者
  2. 高等専門学校第3年次を平成29年3月修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成28年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

推薦要件(出願要件)

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 人格・識見ともに特段に優れている者
  2. 特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を有する者
  3. 化学に関する授業科目の一環として実施した課題研究や、化学に関する課外活動において顕著な実績をあげた者
  4. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者
  5. 本学工学部工業化学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者

推薦人員

各学校長が推薦できる人数は、本学工学部の各学科に対してそれぞれ1名とします。

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 推薦書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(工学部用)により志願者本人が作成したもの)
  4. 顕著な活動実績の概要 (所定様式により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語 
    【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
    【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」 
    【理科】 物理(必ず選択すること)、及び化学、生物から1 
    【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、及び大学入試センター試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、調査書、推薦書、学びの設計書、及び顕著な活動実績の概要に記載された内容により選考を行います。
最終選考は、第1次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の合計得点が900点満点中80%以上の者を合格者とします。ただし、1科目でも80%に達しない科目がある場合は、不合格にすることがあります。

学部・学科別の情報

ページの先頭へ