出願はWebから

京都大学では、平成29年度入試からインターネット出願を導入します。出願の際は、下記のWeb出願専用ページから行ってください。
※特色入試のWeb出願は、各学部学科の特色入試出願期間のみ受け付けております。

農学部

平成30年度特色入試の概要は、「平成30年度京都大学特色入試の概要」(下記リンク)で確認してください。(2017.3.29)
※平成30年度特色入試に関する情報は随時掲載していく予定です。

 

 

※平成29年度特色入試は終了しました。

農学部 資源生物科学科

特色入試を通じて求める人物像

農学部資源生物科学科は、資源生物の高収量・高品質・安定生産と利用を、環境との調和を図りながら追究できる人材になるために、特段に強い意欲と十分な基礎的学力がある人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成25年4月から平成29年3月までに卒業又は卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成25年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 本学農学部資源生物科学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者
  2. TOEFL-iBT、TOEIC、実用英語検定(英検)のうち少なくとも1つを受験し、受験者成績書の原本を提出できる者
  3. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 学業活動報告書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(農学部用)により志願者本人が作成したもの)
  4. TOEFL- iBT、TOEIC、実用英語検定(英検)のうち少なくとも1つについて受験者成績書の原本(コピー不可)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語
  • 【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
  • 【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」
  • 【理科】 物理、化学、生物、地学から2
  • 【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については、第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、大学入試センター試験、及び面接試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、提出書類により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して、面接試験の成績により選考を行います。
面接試験では、意欲、適性及び意見を論理的に述べる能力などについて評価します。面接試験の配点は次のとおりとします。

試験の区分 面 接 合 計
配 点 200 200

最終選考は、第2次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の得点の合計が900点満点中720点以上の者の中から、第2次選考とセンター試験の成績により合格者を決定します。

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
平成28年12月17日(土) 面接 09時00分~17時30分 京都大学農学部

※場所及び集合時間等の詳細については、受験票送付の際にお知らせします。


農学部 応用生命科学科

特色入試を通じて求める人物像

農学部応用生命科学科は、生命現象や生物の機能を化学的なアプローチによって解明・活用することに興味があり、歴史を踏まえて自身と社会の未来を設計することができ、多くの分野にまたがる領域にも飛び込んでいける人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成27年4月から平成29年3月までに卒業又は卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成27年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 本学農学部応用生命科学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者
  2. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 学業活動報告書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(農学部用)により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語
  • 【地歴・公民】 世界史B、日本史Bから1 ※1
  • 【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」
  • 【理科】 化学、生物
  • 【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については、第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、大学入試センター試験、小論文試験及び面接試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、提出書類により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して、小論文試験及び面接試験の成績により選考を行います。
小論文試験は、応用生命科学領域に関するテーマについて、論理的に自分の意見を論述する能力などについて評価します。
面接試験では、意欲、適性及び識見などについて評価します。
小論文試験及び面接試験の配点は、次のとおりとします。

試験の区分 小論文 面 接 合 計
配 点 250 250 500

最終選考は、第2次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の得点の合計が900点満点中720点以上の者の中から、第2次選考の成績順に合格者を決定します。

  • 【留意事項】
  •  小論文試験について、京都大学農学部応用生命科学科では、生命・食・環境をキーワードとし、化学と生物にまたがる基礎と応用を志向した農芸化学領域の教育・研究をしています。

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
  平成28年12月17日(土) 小論文 09時00分~11時00分     京都大学農学部
面接 13時30分~17時30分

※場所及び集合時間等の詳細については、受験票送付の際にお知らせします。


農学部 地域環境工学科

特色入試を通じて求める人物像

農学部地域環境工学科は、食料・環境・農業などの分野において、高度な専門知識と工学的問題解決能力を持って社会のリーダーとなるべき人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成27年4月から平成29年3月までに卒業又は卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成27年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 本学農学部地域環境工学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者
  2. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 学業活動報告書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(農学部用)により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語
  • 【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
  • 【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」
  • 【理科】 物理(必ず選択すること)、及び化学、生物、地学から1
  • 【外国語】 英語 ※2
  1. ※1)2科目受験者については、第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)リスニングテストを含み、250 点満点(筆記 200 点満点、リスニング 50 点満点)を 200 点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、大学入試センター試験、小論文試験及び面接試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、提出書類により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して、小論文試験及び面接試験の成績により選考を行います。
小論文試験は、問題解決能力、論理的思考力などについて評価します。
面接試験では、意欲、適性及び識見などについて評価します。
小論文試験及び面接試験の配点は、次のとおりとします。

試験の区分 小論文 面 接 合 計
配 点 250 250 500

最終選考は、第2次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の成績を下表の点数に換算し、800点満点中640点以上の者の中から、第2次選考の成績順に合格者を決定します。

<大学入試センター試験の配点>

教科・科目名 国 語 地歴・公民 数 学 理 科 外国語 合 計
配 点 100 100 200 200 200 800

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
  平成28年12月17日(土) 小論文 09時00分~12時00分     京都大学農学部
面接 13時30分~17時30分

※場所及び集合時間等の詳細については、受験票送付の際にお知らせします。


農学部 食料・環境経済学科

特色入試を通じて求める人物像

農学部食料・環境経済学科は、食料・環境・農業などの分野において、高度な専門知識を持って社会のリーダーとなるべき人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成25年4月から平成29年3月までに卒業又は卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成25年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 本学農学部食料・環境経済学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者
  2. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 学業活動報告書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(農学部用)により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語
  • 【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
  • 【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」
  • 【理科】 物理、化学、生物、地学から2
  • 【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については、第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、大学入試センター試験、及び小論文試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、提出書類により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して、小論文試験の成績により選考を行います。
小論文試験は、英語の文章を読んで日本語で論述する形式です。長文の英文について内容を正確に読み取り分析した上で、論理的に自分の意見を論述する能力などについて評価します。
小論文試験の配点は、次のとおりとします。

試験の区分 小論文 合 計
配 点 200 200
  • 【留意事項】
  •  小論文試験について、英文課題を2つ、それぞれ100点

最終選考は、第2次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の得点の合計が900点満点中、概ね720点以上の者の中から、第2次選考の成績順に合格者を決定します。

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
平成28年12月17日(土) 小論文 13時00分~16時00分 京都大学農学部

※場所及び集合時間等の詳細については、受験票送付の際にお知らせします。

関連リンク

過去の問題(平成28年度特色入試)


農学部 森林科学科

特色入試を通じて求める人物像

農学部森林科学科は、森林・木質資源に関する基礎及び応用科学の分野について学びつつ、研究を深めることに強い関心があり、卒業後は高度な専門知識を持って、地球環境問題の解決について森林科学の立場から学術や制度設計で貢献したいという強い意欲を持つ人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成27年4月から平成29年3月までに卒業又は卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成27年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 本学農学部森林科学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学することを確約する者
  2. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 学業活動報告書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(農学部用)により志願者本人が作成したもの)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語
  • 【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
  • 【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」
  • 【理科】 物理、化学、生物、地学から2
  • 【外国語】 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1 ※2
  1. ※1)2科目受験者については、第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)「英語」を利用する場合は、リスニングテストを含みます。「英語」は250点満点(筆記200点満点、リスニング50点満点)を200点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

提出書類、大学入試センター試験、小論文試験及び面接試験の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、提出書類により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して、小論文試験及び面接試験の成績により選考を行います。
小論文試験は、森林・環境・木質資源などに関する英語の長文を読み日本語で論述する形式です。正確に記述内容を把握する能力と、自分の考えを論理的に説明する能力などにより評価します。
面接は、意欲、適性、及び識見などについて評価します。
小論文試験及び面接試験の配点は、次のとおりとします。

試験の区分 小論文 面 接 合 計
配 点 200 100 300

最終選考は、第2次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の得点の合計が900点満点中720点以上の者の中から、第2次選考の成績順に合格者を決定します。

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
  平成28年12月17日(土) 小論文 09時00分~12時00分     京都大学農学部
面接 13時30分~17時45分

※場所及び集合時間等の詳細については、受験票送付の際にお知らせします。


農学部 食品生物科学科

特色入試を通じて求める人物像

農学部食品生物科学科は、食品科学分野において、将来、高度な専門知識を有し、関連分野におけるリーダーとなりうる人材、及びコミュニケーション能力に優れており、将来、国際的に活躍できる人材を求めています。

募集人員

 3名

入学資格(出願資格)

次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 高等学校又は中等教育学校を平成25年4月から平成29年3月までに卒業又は卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を平成25年4月から平成29年3月までに修了又は修了見込みの者

出願要件

次のすべての要件を満たすこととします。

  1. 本学農学部食品生物科学科での学びを強く志望し、合格した場合は必ず入学が確約できる者
  2. TOEFL-iBT、TOEIC、実用英語検定(英検)のうち少なくとも1つを受験し、受験者成績書の原本を提出できる者
  3. 平成29年度大学入試センター試験において、指定した教科・科目を受験する者

平成29年度入試日程

出願受付 第1次選考結果発表 第2次選考 第2次選考結果発表 合格発表 入学手続
11/1〜7 11/30 12/17 1/13 2/8 2/15

提出書類

  1. 調査書 (文部科学省で定めた様式により、出身学校長が作成し、厳封したもの)
  2. 学業活動報告書 (所定様式により高等学校等が作成したもの)
  3. 学びの設計書 (所定様式(農学部用)により志願者本人が作成したもの)
  4. TOEFL-iBT、TOEIC、実用英語検定(英検)のうち、少なくとも一つについての受験者成績書の原本(コピー不可)

提出書類書式ダウンロード

※提出書類を作成の際は、リンク先の 書類様式の使用上の留意事項 をよくご確認ください。

大学入試センター試験利用教科・科目名

  • 【国語】 国語
  • 【地歴・公民】 世界史B、日本史B、地理B、「倫理、政治・経済」から1 ※1
  • 【数学】 「数Ⅰ・数A」、「数Ⅱ・数B」
  • 【理科】 物理、化学、生物から2
  • 【外国語】 英語 ※2
  1. ※1)2科目受験者については、第1解答科目の成績を用います。
  2. ※2)リスニングテストを含み、250 点満点(筆記 200 点満点、リスニング 50 点満点)を 200 点満点に換算して利用します。

選抜方法及び基準

大学入試センター試験、提出書類、及び口頭試問の成績を総合して合格者を決定します。
第1次選考は、提出書類の内容により選考を行います。
第2次選考は、第1次選考に合格した者に対して、口頭試問の成績により選考を行います。口頭試問の配点は100点満点とし、基礎学力および論理的思考について評価します。
口頭試問の配点は、次のとおりとします。

試験の区分 口頭試問 合 計
配 点 100 100

最終選考は、第2次選考に合格した者に対して、大学入試センター試験の得点の合計が900点満点中720点以上の者の中から、第2次選考の成績順に合格者を決定します。

第2次選考実施期日・場所

試験日 実施する試験 時間 場所
平成28年12月17日(土) 口頭試問 09時00分~17時30分 京都大学農学部

※場所及び集合時間等の詳細については、受験票送付の際にお知らせします。

学部・学科別の情報

ページの先頭へ