特色入試を通じて求める人物像

総合人間学部
 総合人間学部は、異質な学問分野の接触と相互作用を基盤とした新たな「人間の学」の創出を目ざしています。積み上げられてきた既成の学問の成果を生かしながら問題を発見し追究すること、問題の解決に向けて学問間の連携を図り新たな体系を創出することが、本学部の目的です。こうした意味での「総合」、「文理融合」の意義を理解し、これを積極的に進めようとする学生諸君が門をたたくことを望んでいます。
文学部
 文学部は、哲学・歴史学・文学・行動科学に関わる諸問題を学び考え、自由の学風を重んじる本学の基本理念を踏まえながら、新たな知的価値を創出することをめざす学生を求めています。特色入試では、基礎学力を十分に備え、これからの文学部での勉学についてプランと展望を持ち、意欲を持って広い意味での勉学に励む人を求めています。
教育学部
 教育学部は、教育と心・人間・社会にかかわる多様な事象を対象とした諸科学を学ぶことで、教育や心理についての専門的知見、さらに、広い視野と異質なものへの理解、多面的・総合的な思考力と批判的判断力を育成する教育を行っています。
 そこで、次のような人物を求めています。

  • 教科の学習及び総合的な学習の時間などにおいて学習を深め、テーマを設定して探究活動を行い、卓越した学力を身につけ、成果をあげた者、あるいは、学校内外の活動で豊かな経験を積み、創造的な熟達を通して、深い洞察を得ている者
  • 人間と社会、教育や心理について関心を持ち、論理的・批判的に思考し、問題を解決する能力とコミュニケーション能力を持つ者
  • 将来、教育や心理にかかわる専門的識見を発揮して、社会に貢献する志を持つ者
法学部
 法学部は、世界・国家・社会の様々な問題に対する強い関心を持ち、多方面にわたる基礎的な学力を備え、論理的思考力に優れた人材を求めています。
経済学部
 経済学部は、総合的な学力とともに、長文読解力、問題発見力、論理的思考、柔軟な思考と創造性、そして高い自学自習の能力を持つ人材を求めています。
理学部
 理学部は、自由な雰囲気の下で学問的創造を何よりも大切にし、自律的学修が推奨される学風のもとで、自然科学の基礎体系を深く習得し、それを創造的に展開する能力と、個々の知識を総合化し、新たな知的価値を創出する能力の養成を教育の目標にしています。そのために、理学科のみの1学科制の下で、緩やかな専門化を経て、研究の最前線へ向う教育を行っています。
 理学部が望む学生像は、自由を尊重し、既成の概念を無批判に受け入れることなく、自ら考え、新しい知を吸収し創造する姿勢を持つ人、高等学校の教育課程により培われる十分な科学的素養、論理的合理的思考力と語学能力を有し、粘り強く問題解決を試みる人であり、この特色入試では、そのような人の中で、特に、数理科学の分野において極めて優れた才能を持つ人を求めています。
医学部 医学科
 京都大学は創立以来、自由の学風、闊達な対話を重視し、世界トップレベルの先端的学術研究を推進してきました。医学部医学科は、社会が大きく変革している現代においても、京都大学の学問環境で学び、研究することで、世界をリードできる人材、具体的には以下の要件を満たす人材を全国から広く求めます。
1.医学・生命科学に深い関心を持ち、かつ真摯な姿勢、熱意を持って真理を探究できる将来の世界の医学をリードするような医学研究者としての資質・適性を持つ人材。
2.1.以外でも自然科学の少なくとも1領域において傑出した能力を有し、かつ医学研究者としての資質・適性を持つ人材も考慮します。
3.本学が提供する MD-PhD コースへの進学を希望する人材。
医学部 人間健康科学科
 医学部人間健康科学科は、国家資格をベースに、国際的視野を兼ね備えた医療専門職のリーダーや研究者の養成を推進します。特色入試ではこのうち看護師、保健師、理学療法士、作業療法士へのモチベーションを持った学生を募集します。多面的かつバランスの良い思考力で課題や問題を抽出し解決していく医療のエキスパートとなり得る人材を求めています。
薬学部 薬科学科
 薬学は、人体に働きその機能の調節等を介して疾病の予防・治癒、健康の増進をもたらす「医薬品」の創製、生産、適正な使用を目標とする総合科学です。京都大学薬学部は、この薬学という学問の基礎体系を深化させ、創薬科学、医療薬学の教育・研究を通して薬学の進展と社会の発展に貢献することを目標としています。
 薬科学科では、創薬に関係する幅広い分野において、将来、リーダーとして国際的に活躍することのできる人材を育成しています。そのため、十分な基礎学力とコミュニケーション能力を有し、自ら目的を設定し挑戦できる行動力があり、特に創薬に関心と興味を持ち、将来、創薬の基盤科学領域で世界をリードできる研究者を目指す人材を求めています。
 特色入試では、知的好奇心に基づいた科学的探求力と英語力に優れ、自発的な自然科学の学習や探求活動を実施してきた人を求めます。
薬学部 薬学科
 薬学は、人体に働きその機能の調節等を介して疾病の予防・治癒、健康の増進をもたらす「医薬品」の創製、生産、適正な使用を目標とする総合科学です。京都大学薬学部は、この薬学という学問の基礎体系を深化させ、創薬科学、医療薬学の教育・研究を通して薬学の進展と社会の発展に貢献することを目標としています。
 薬学科では、医療薬学に関係する幅広い分野において、将来、医療薬学研究者の国際的リーダーとして活躍することのできる人材、および高度な先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーとして社会に役立つ人材を育成しています。そのため、十分な基礎学力とコミュニケーション能力を有し、自ら目的を設定し挑戦できる行動力があり、特に先端医療・医療薬学に関心と興味を持ち、将来、医療薬学領域で世界をリードできる研究者、および先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーを目指す人材を求めています。
 特色入試では、知的好奇心に基づいた科学的探求力と対話力に優れ、医療人としての倫理性や社会性を持っており、自発的な科学の学習や探求活動を実施してきた人を求めます。
工学部(各学科共通)
  工学部は、特筆すべき能力、リーダーシップと高い基礎学力を持つ人材を求めています。
農学部 資源生物科学科
 農学部資源生物科学科は、資源生物の高収量・高品質・安定生産と利用を、環境との調和を図りながら追究できる人材になるために、特段に強い意欲と十分な基礎的学力がある人材を求めています。
農学部 応用生命科学科
 農学部応用生命科学科は、生命現象や生物の機能を化学的なアプローチによって解明・活用することに興味があり、歴史を踏まえて自身と社会の未来を設計することができ、多くの分野にまたがる領域にも飛び込んでいける人材を求めています。
農学部 地域環境工学科
 農学部地域環境工学科は、食料・環境・農業などの分野において、高度な専門知識と工学的問題解決能力を持って社会のリーダーとなるべき人材を求めています。
農学部 食料・環境経済学科
 農学部食料・環境経済学科は、食料・環境・農業などの分野において、高度な専門知識を持って社会のリーダーとなるべき人材を求めています。
農学部 森林科学科
 農学部森林科学科は、森林・木質資源に関する基礎及び応用科学の分野について学びつつ、研究を深めることに強い関心があり、卒業後は高度な専門知識を持って、地球環境問題の解決について森林科学の立場から学術や制度設計で貢献したいという強い意欲を持つ人材を求めています。
農学部 食品生物科学科
 農学部食品生物科学科は、食品科学分野において、将来、博士の学位を取得し、国際的に活躍する人材を求めています。

出願はWebから

※平成29年度特色入試の出願受付は終了しました。
特色入試の出願は、インターネット出願で受け付けます。
※特色入試の出願は、各学部学科の特色入試出願期間のみ受け付けております。

学部・学科別の情報

ページの先頭へ